事例

エイチ・ツー・オー リテイリング

エイチ・ツー・オーは数十億ドル規模の日本小売コングロマリットです。関西地方に集中して、150店舗のオアシス店とイズミヤスーパーを運営しています。

面積:〜 9,000平方フィート(〜850平方メートル)
最小在庫管理単位:〜8,000SKU
所在地:日本、大阪市
システムと買える商品:~100%
一つの商品につきの認識にかかるデータ処理量:400キロバイト

エイチ・ツー・オーの150店舗の最初の店舗では、IMAGRシステムがすでに実施されています。これが(私たちが知る限りでは)世界最大の視覚だけの自律的チェクアウト・ソリューションを導入した店舗です。それに、1日も休業せずにIMAGRシステムのセットアップが可能でした。

エイチ・ツー・オー側

  • エイチ・ツー・オーの現在のPOS(販売時点情報管理)システムの東芝テックとの統合では、価格変更と割引など商品に関する最新情報がカートに商品を入れるたびに適用されます。

  • 店舗内にはIMAGRの技術者が不要です。

IMAGR側

  • 今後システムを新しく導入する店舗は同じ集中したAIモデルを利用します。

「エイチ・ツー・オーが理想の革新パートナーとなりました。一歩一歩で強力していただいたおかげで、この画期的なシステムを市場に出すことができました。」

William Chomley, CEO & Co-founder, Imagr